• Masahiro Tsukawaki

介護への関わり方


先日知り合いの 高齢者施設を経営されている方のお婆さんが亡くなられたので お通夜に行ってきました

介護が必要となり ご自分の施設でお世話をされたそうで 88歳とのことでした

高齢になると誰でも どこかしらに病気や不具合が出てきて 不自由で辛い思いをされると思います

でも孫の施設で看取られて逝くというのは なんだか幸せな死に方だなと思いました

自分の祖父も今年の夏に亡くなりましたが

最後が近づくにつれ 認知症も強くなり 施設にお世話になることとなりました

総合的に考えると 自宅介護より施設にお願いするのが最善と思います

これまで 偶々ですが高齢者施設に関わる仕事が多かったのですが

これが自分の介護への関わり方だと思います

これからさらに より良い設計を心掛けていきたいと感じました

#text

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

MRIの結果

内側側副靭帯損傷 これがMRIによる画像診断 膝関節の内側の靭帯が 断裂はしてないけど損傷してるようです 心配していた半月板は 損傷としては小さいそうです ただ ケガから2週間経ちましたが 痛みは残ってます 痛みが引いたらラグビーも始めていいとのこと 毎年ケガによる練習不足が 悪循環となってます 加齢に負けない体づくりをしていきたいですね ランニングはまだ厳しいですが ジムには行こうかなと思います

​©2014 by Sirius Architect all rights reserved.​  Proudly created with Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now